知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

水を毎日飲むことが健康になる3つの理由と実際にやってみた感想を書く

f:id:steceo41:20180404131851j:plain

水をたくさん飲むことが健康につながりパフォーマンスを高めるということがエビデンスで明らかになっています。実際に私たちの身体の60%は水分でできていて、脳は80%が水分と言われているので水分は私たちにとって切り離せないもの。今回は水分を摂取することで健康になる3つの理由とそれを実際に2週間チャレンジしてみての感想を書いていきます。

 

1.血糖値を下げてくれる

水は血中の糖の濃度を下げてくれ、血糖値を低くしてくれる効果があります。現代の生活では糖を必要以上に摂取する食べ物が多いので血糖値を下げることに努めた方が吉。さらに水はデトックス効果も期待できるので血糖値を下げ循環を多くすることで痩せることもできるのです。

2.便秘を解消してくれる

先にも述べましたが、水は身体の水分を入れ替えるデトックス効果があるのでなかなかお通じが出ないという状況に陥る人は水分を多く摂ることを推奨。特にコントレックスなどの海外製品の硬水がオススメ。そもそも便秘の人は水分をあまり摂らない傾向にあるので普段よりも多く飲むだけで改善することも。

3.空腹時に飲むことで痩せる

空腹の時、試しに水を飲んでみてください。私たちが「お腹減った」と感じる時は水分不足であるケースがあるので飲むだけで空腹を感じなくなります。特に甘いものを食べたいと感じている時にこのパターンが多いです。(1日三食摂っていることが前提です)

 

実際に2週間毎日2リットル飲んでみた感想

んで、エビデンスを書いたところで実感がわかないので実際に2週間水を1日2リットル飲んでみました。上記のメリット以外にも感じたメリットがあったので述べていきます。

①身体が軽く感じるようになった

毎日2Lのペットボトルを飲み干すことを決めて2週間取り組んでみて一番効果を実感したのは「身体が軽くなった」という感覚。仕事中も身体が軽いので普段より多く動き回ることができました。

②頭の回転が早くなった

毎日の作業が普段よりラクにこなせるようになり、アイディアを提案する回数が増えました。実際に水を飲むことで脳が活性化する研究があり、

イースト・ロンドン大学とウェストミンスター大学の研究者たちは、知的作業に集中する前に約0.5lの水を飲んだ人は、飲まなかった人と比べて、14%反応時間が速くなることを発見した。のどの渇いた人に対して実験を繰り返したところ、効果はもっとはっきりと見られた。

とのこと。こちらのブログから引用させていただきました。

wired.jp

 3.無駄な間食をしなくなった

お腹が減りそうになったときに水を飲むようにしたところ、食べたいという感情が不思議と少なくなりました。それでもしんどい時はしんどいけれど、食べなかったことに対する満足感は結構良いです。今後も水生活をしていこうと思います。

 

まとめ

そもそも人間の身体からは常に水分は失われていっているわけで、身体のパフォーマンスをあげるために不可欠なものなんです。だからといって飲みすぎるのはよくありませんが、2リットルを飲むことは「飲みすぎ」には当たりませんのでその心配は不要かと。最後に自分が飲んでみて一番飲みやすかった水のリンクを貼っておきますね。

 

 

 

www.tanzen.xyz