知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

【色彩心理】赤ペンで勉強するのは逆効果!勉強するなら青を使え!

f:id:steceo41:20180712154627j:plain

 

▼赤は成績を下げることが判明した

テストの採点をする時には赤ペンを使うというのが常でした。実際に赤ペン先生という職業もあるくらいです。文具店に行っても赤ペンはたくさん売られていますし、黒ペンの次に売れているペンなのではないかと思います。そして最近の研究で明らかになった事実で、赤ペンを使うと成績が下がるということが明らかになりました。赤ペンは日本人なら一度は使ったことがある色だと思いますが、赤は集中力を下げ、成績を下げる。つまり勉強の妨げになるということが判明したのです。

今日から赤ペンを中止し、違うペンを使っていきましょう。

 

 

アメリカとドイツが行った研究で赤は集中力散漫にすることが明らかに

アンドリューエリオットさん率いる、アメリカとドイツの研究グループが、色と成績は関係があるのかという実験しました。

被験者を三つのグループにわけ、それぞれ同じ問題を解いてもらいました。

どのグループも制限時間や場所を同じにしたのですが、受験番号の色だけは変えていました。そしてそれぞれの受験番号の色を   緑 の三つの分け、テストを受けてもらい成績を比較しました。

その結果、数回の実験において赤のグループの平均点が際立って下がっていたのです。

さらに、テストの問題を変えてみたり、他の教科に変えても「赤」の受験番号のグループは著しく点数が悪かったことも判明したのです。

 

▼赤は記憶力も下げるという事実

赤は、恐怖や不安に連想させる色と言われていて、勉強使うのに本来適していません。

実際に赤ペンで採点をする教師が多いですが、すぐにやめるべきでしょう。

実際にある研究で、被験者を2つのグループにそれぞれ分け、赤の部屋と青の部屋で「それぞれ60分経過したら出てきてください」ということだけを伝え、時間の感覚を調査したところ、赤の部屋のグループが青の部屋のグループよりも早くでてきたのだそう。時間の肌感覚も長く感じさせてしまうので赤はなるべく視界に入らないようにする必要があります。

 

勉強に使う最適な色は青

では勉強では赤の代わりにどの色を使えば良いのかということになりますがこれからは青を使っていきましょう。青は集中の色とも言われていて、野球の古田敦也さんはピッチャーの制球力をあげるために青のキャッチャーグローブをつけていたそうです。さらに青ペンは記憶力をあげることに適した色とも言われているので、これからは赤ペンは持ち歩かずに青を持ちましょう。

たかだか色でこんなにも影響が及ぶなんてありえないとおもっている方が多いと思いますが、本人が思っているよりも私たちの脳と感情は敏感です。

これからは、赤を使うことはなるべく避け、他の色(青を主体に)を使ってみると思ったよりも勉強がスムーズに運ぶかもです。

 

logmi.jp

 

赤は違う場面ではうまく使える

赤ペンを使うことは勉強にとってはデメリットが多いので使うことは避けるべきですが、違う場面ではむしろプラスに働くことがあります。女性の人は、赤を身につけておくと魅力度が上がると言われていますし、男性の場合だと、筋トレやスポーツを行う際に身につけておくとアドレナリンが多く分泌されやすくなるので有利に働きます。別の記事に書いたので詳しくはそちらで

 

www.tanzen.xyz

 

 

まとめ
  • アンドリューエリオットさんの研究で、赤の受験番号で受けた人の平均点は、他のグループに比べ著しく成績が悪かった
  • 赤は集中力を下げ、時間を長く感じさせる効果があるので勉強するには適さない。
  • 青は集中力をあげる色なので積極的に使った方が色彩心理的にgood

 

赤を身につけるとなぜもてるのか?

赤を身につけるとなぜもてるのか?

 

 気になったら押してみよう!