知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

【社会的証明】要注意!人は無意識に平均的な意見に流されてしまう

皆がやっている=正しいことという認知

f:id:steceo41:20180314101530j:plain

人は自分のことを無意識のうちに他人と比べ、自分の立ち位置を気にしています。人間の本来備わっている生存本能から、人と比べるということが何年も前から行われ、ここまで進化してきました。皆がしていることは正しいように見える→安心する。という認知が日常生活の間で無意識に働いているのです。

このような少数派の意見は受け入れがたく、多数派の意見は自分の意見と合致しているとますます自分の意見を支持するのです。 これを社会的証明といいます。

 

f:id:steceo41:20180314102234p:plain

環境は良い方法にも悪い方向にも引っ張られる

カルフォルニアのとある世帯で エネルギーの消費量を測定した実験を行いました。各家庭に近隣家庭の消費量の平均値を記した小さなカードをぶら下げ、毎週のエネルギー消費量を測定しました。すると、消費量が多かった家庭は5.7%消費量が減少しましたが、これまで消費量が少なかった世帯はなんと8.6%も消費量が増えていたのです。

つまり私たちは無意識のうちに周りの環境や世の中の現状を感知し、平均的な行動をとってしまうのです。例えば、友達がTwitterを利用していれば自分も登録する確率が上がります。一人や二人が利用しているだけなら特に影響はされませんが、多くの人が利用するとなれば平均的な行動を取りたくなり引っ張られるように流されてしまうのです。「無意識」というところが嫌ですねぇ・・・

 

www.tanzen.xyz

 

 

平均的=悪いことではない

何も平均値に収束してしまうことが悪いことではありません。むしろ今の自分がダメな行動を取っていると思っているのなら、良い方向に導いてくれる情報を取り込み、わざと平均的な良い人間に近づくこともできるのです。社会的証明は私たちを平均的で、多数派の意見に引っ張り出しますが、それをうまく使えば自分を良い方向へと導いてくれます。先の実験例でも書いた通り、エネルギー消費量が多かった家庭は5.7%減ったという傾向が見られています。

 

まとめ

  • 社会的証明は諸刃の剣である。あらゆる情報を取捨選択し、理想の自分となることができる一方、本来できていたことや不必要なことも簡単に行動できてしまうのでそこは十分留意する必要がある。
  • 社会的証明は「無意識」で平均的な人間、偏差値50の人にならせたがる。「無意識」ってところがとても厄介。これを生かすかどうかはその人次第である。

 

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

  • 作者: N.J.ゴールドスタイン,S.J.マーティン,R.B.チャルディーニ,安藤清志監訳,高橋紹子訳
  • 出版社/メーカー: 誠信書房
  • 発売日: 2009/06/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 16人 クリック: 112回
  • この商品を含むブログ (28件) を見る