知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

斬新なアイディアを出すなら「運動」に力を貸してもらおう

 

「運動」をすることによって発想力が生まれやすくなることを伝える記事です。

スウェーデンの精神科医アンダース・ハンセンの著書「一流の頭脳」という本に書いてあった文章を引用します。

運動によって創造性を高めたいのであれば、ある程度健康体であることが前提だ。身体を鍛えていない人が創造性を高めたいのなら、極端に疲れない運動、つまりウォーキングやスロージョギングが適しているだろう。 

 ここでハンセン博士が言いたいことは、「クリエイターに太っている人は少ないよ。もし太っているのだとしても軽いジョギング程度はした方がいいよ」ってことです。

一部の天才は省いて、クリエイターって痩せている印象があるような・・・

 

 

なぜ運動で発想力が鍛えられるのか

運動をするとアイディアが生まれやすくなる要因ですが、2つあります。

  1. 運動が脳のシナプスが結合し、知識や経験、感情などを複雑に結びつくことで今まで思いつかなかったことが生まれやすくなる。
  2. 神経伝達物質ドーパミン、セロトニン、BDNF等が分泌されることで脳内がスマートに働くことで環境が変化する。

集中力をあげるドーパミン、ノルアドレナリン、感情を整理し落ち着かせる効果を持つセロトニン、そして学習能力をあげるBDNFが脳内に登場してくれるので脳内のステータスがあがるわけです。

 

 クリエイターではない人も発想力を作れる環境は整えておいた方がいい

クリエイターといえば一部の人くらい。「クリエイター」という肩書きをもっている人の方が少ないと思います。しかしクリエイター以外の人もアイディアを持つ環境を整えておくことは大切です。身近にある自分の課題に対しても運動をすることで解決力が上がり人生を豊かにしてくれます。しかし、いつ思い浮かぶかわからないアイディアの為に運動を習慣づけるのはしんどいと思うので、少しずつやっていくことをおすすめします。(僕自身が運動をして得た記事があるのでそちらもぜひ読んでみてください)

www.tanzen.xyz

 

 

運動はあくまでも1つの武器として生かすもの

「運動の素晴らしさ」をずらっと書きましたが、あくまでも「土台」ができていないとアイディアも浮かんでこないわけです。万有引力の法則を思いついたニュートンも、相対性理論を生み出したアインシュタインもたくさん本を読んだり、自身と何度も向き合ってきたから斬新なアイディアが浮かんだわけです。(彼らが運動を習慣づけていたかはわかりませんが・・・)

つまりなにがいいたいのかと言いますと、

そもそもの前提として知識や着想する時間を設けていない人が単に運動だけしても成功は掴めないよってことです。 

アイディアを生み出したい人は運動を1つの武器として使っていくものとして認識し、他にやるべきことを常日頃からやっていきましょう!

 

 

一流の頭脳

一流の頭脳

 

 

↓アイディアに関する記事です。一度寝かせてアイディアを生み出すテク。

 

www.tanzen.xyz

 

 

 

↓ 運動は不安やうつも緩和してくれるという記事。脳の回路を変えれば思考が変わりメンタルを取り戻せるかも

www.tanzen.xyz