知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

アイディアマンになれるレミニセンス効果を覚えておくと便利

f:id:steceo41:20180618195406j:plain

 

アイディアって欲しいときに限って出てこないです。

 

これって「頭が悪い」とか「知能指数が低い」とか変なバイアスを持っている人いますけれど、実際はそんなことないんです。

 

アイディアっていうのは、本で得た知識とか経験、感情が掛け算、足し算をして出てくるもので、空っぽの状態で出てくるなんてことはほとんないです。

 

たしかに他の人よりアイディアを出したり解決する力がある頭がいい人はいますけれど、それは日頃から読書とかメモ書きとかで鍛えているからであって、つまりなにが言いたいのかというと、後天的才能の産物なのです。

 

 

アイディアマンになるならレミニセンス効果を使えばラク

んで、効率的にアイディアを出すなら、日頃から知識をインプットしておけばラクにコトが運びますよーって心理テクニックがあるので紹介。

 

レミニセンスってなにかというと、「ずっと塾考よりも必要な知識を入れたら一回寝かせた方が良い解決策が浮かびやすくなりますよ」って意味です。

 

自分の脳が無意識的に知識・経験・感情のシナプスを結びつけてくれるので、ほっとけばなにかと解決してくれるのでラク。

 

気をつけなきゃいけないのは、必要な知識をしっかり脳に入れなきゃ咀嚼できないので効果は期待できません。

 

全て覚える必要はないけれども、ある程度入れておかないと質の低いアイディアしか生まれないってことは覚えておいた方が吉。

 

そもそも人間の意志力は無限にあるわけではないので、閾値を超えたら無理せず睡眠を摂ることもアイディアを出すためには大事ってことも言えますな。

 

 

関連記事もあるのでどうぞー。

 

www.tanzen.xyz