知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

ハーバードでMBAを取得した猪俣武範さんから学んだ3つのこと

 

猪俣さんの本から学んだ3つの考え方

猪俣武範さんは医師でありながらハーバード大学でMBAを取得した逸材です。猪俣さんの著書を読んだところ、ムダな読書や勉強を省き、効率的に勉強したことが合格の要因だと述べていました。同時に自分が非効率な勉強をしてきたのではないかと思い、記事にしまとめてみました。

 

f:id:steceo41:20180312185554j:plain

 

 

スキマ時間を活用する

「残業が多く時間がない」「家に帰るとダラけてしまう」のような理由でつい先延ばしをしてしまうことがあると思います。しかし読書家や多くの成果を出している人はそのような過酷な日程でも自分の時間を捻出し自己投資をして成長していっています。お金で時間を買うことはできないので皆平等です。よって、このような差が広がるのは時間管理がうまいことが主な理由だと考えられます。

「5分のスキマ時間が生まれたら読書をする。」だとか、

「30分あれば記事を書く時間にする。」だとか

あらかじめルールを決めて取り組むとスムーズに実行でき、結果も出てきます。

精神科医で作家の樺沢紫苑さんは1日一冊本を読むそうですが、家ではほとんど読まず、ほとんどを移動時間中に読んでしまうそうです。どんなに忙しい人でもスキマ時間はあります。まとめれば2時間ほどは確保できます。

また、スキマ時間はいつ発生しているのか自分で見つける作業からはじめてみてください。自分の場合、朝のスマホタイムを極力削れば多くの時間を捻出できたのでこれからも継続し読書の時間に割いていこうと思っています。

 

 

www.tanzen.xyz

 

勉強にお金を惜しまない

書店で欲しい本があったり資格の専門学校に通おうと思った時、どうしてもまずお金に目がいくことが多いと思います。しかし猪俣さんは勉強というものは「最高の投資」と述べていて、そこでケチになる必要はなく、もったいないことだと言っています。確かに自分もそのような思考傾向があり、ケチってしまうことがありますが、これを機に惜しみなく投資して行こうと決めました。人間はケチな生き物なので投資をすればするほど元を取ろうとする考えが浮かびます。これを動機にし行動にしていくことも1つのテクニックであると言えます。

f:id:steceo41:20180312185528j:plain

 

TO DO リストには必ず一回手をつける

人は怠ける生き物です。自分は意志力の強いと思っている人こそ怠ける傾向にあると心理学の研究で明らかになっています。そんな自分を律する為に毎日一回はTO DOリストを開き、手をつけることが次に繋がるのだと猪俣さんは述べています。  

TO DOリストは永遠に達成されず放置される運命にあるとの研究結果があるほどです。だったら1日一回どんなに小さくてもいいから実行し錆びないようにすることの方がよっぽどマシで生産的です。自分の場合だと、毎日少しでもいいから記事を書き続けることが次に繋がる一歩だと思っています。

 

まとめ

天才!奇才!と位置付けられる方の勉強法ではありますが、自分のような凡人でもできるテクニックでした。結局勝つか負けるかはこうした知識を活かし行動できるかどうかなのでは・・・と思いました。

 

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法

  • 作者: 猪俣武範
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/02/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

shikalabo.com