知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

【大人からはじめる】読書の効果を感じる為にするべき簡単な3つの方法

f:id:steceo41:20180315103200j:plain

  

その本読んでいる意味ありますか

本から学びを得たにも関わらずそれを実践に活かせられなかった経験をお持ちの方。

大人になってからでも読書を習慣にしようと考えている方。

学生時代怠った教養を今一度学び直したいと考えている方。

様々な方がいますが、読書は大人になってからでも遅くはないです。むしろ大人になってからの方が活かせるフィールドは多く、大きくあるので読書をしましょう。

読書効果を感じる為の3つの方法

f:id:steceo41:20180315112715p:plain

1.本を読む前に何を得たいかを常に考える

本来、本の愉しみというのは、「文学の世界に入りこむ」または「さまざまな人の心情を読み取り、世界観を知る」といったことが挙げられます。しかしその愉しみ方は時間が限られている人にとってはきつい。といった壁ができてしまいます。

  • 自分がなぜこの本を読んでいるのか。
  • 今読んでいる本から何を得ようとしているのか

こうして考えて読むと時間に対しての効果が出てきます。

本を読む前に自分で問題を作り、その答えを本を読む中で探していく読書をしていけば頭の中の入り方が変わっていきことが実感できますよ、おすすめ 。

 

www.tanzen.xyz

 

 

f:id:steceo41:20180315103349j:plain

2.部分読みをしてそこだけを集中的に読む 

読書が嫌いになったり、続かない人は「本は隅々まで読まなければいけない」という強迫観念があることが一番の要因だと考えています。本はそもそも買った時点で自分の好きなように読んでいいはず。なので目次を読んで自分の読みたい章を1つだけピックアップしそこだけ読んでも十分なインプット読書です。また、1つの的に集中するので知識がストレートに入ってきて集積されやすくなる気がします(自分の体感ですが)

 

3.ビジネスで活かせることが多い

自分は学生の頃、影響力の武器という本を毎日よんでいましたが、実際に大きく活用できたのは社会人になってからです。その本には「社会的証明」という心理学知識が出てくるのですが、それを活用し、顧客に「お客様のような年代の方々は皆それをお買いになっていますよ」という決まり文句を毎回言うようにしたところ、以前よりも2倍の売上を出すことができました。このように、大人になってから活かせる知識がたくさんあるのです。

 

大人になると「聞いたことあるわそれ」という知識に必ず出会う

長く生きていると既知の内容の本にも出会います。しかし甘くみて実践しない人が世の中にはたくさんいます。本を読むと「知っているわそれ」とつっこみを入れたくなることがありますが、実際にやったかやっていないかは全く別次元なのでご注意を!

 

tanzen.hatenablog.com

 

知識をアウトプットしている割合はたったの3%

驚きのデータがあります。読書を体系化している人は100人のうち3人程度しかいません。時間をかけてよんだ内容すら忘れている人が圧倒的に多いです。

つまり、人間は行動するためのハードルを高くしてしまっているということ。

せっかく長い時間をかけて読んだのに生かさないのは愚の骨頂です。

 

「知ってる」から「やる」までの差は大きい

1→100より0→1の方が大きい。という言葉があります。

実際に、本を読んで学んだ知識や方法を実践する人は後からしっかり成績がついてきています。しかしあまりにも少ない。

赤羽雄二さんの本の引用をすると

日本人はあまりにも仕事が遅い。効率よくやっている工夫もなかなか見られない。ベンチャー企業でもテキパキいやっているようにタイピングしているだけで、実際はノロノロしてるだけだ。

 

心にぐさっときますね。 

 

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

 

 

さいごに みんな行動しないから自己啓発本が売れる

自己啓発本が毎年売れているのも頷けます。

だから、今すぐ行動して知識を自分のものにしていけばいいのです。

自己啓発の本を一冊読んで、実践するのは想像以上にきついし、

最初は慣れていないのでうまくいかず悩む時期があると思います。

しかし成功者は負けている状況や逆境から這いつくばって粘っているのも事実。

けれどそんなに踏ん張るのもどうかと思うのでスマートに無理せず吸収するのが理想的かな。

最後に読書関連の記事をいくつか載せておきますね。

 

www.tanzen.xyz

 

www.tanzen.xyz

 2018.3/15改定