知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

【恋愛ホルモン】フェネチルアミンとは?恋愛は「3年」が限界という説

f:id:steceo41:20180320104444j:plain

よく言われる「恋」は三年。は本当なのか

よくネットや雑誌のコラム記事で

恋は「3年」が限界である。と書いてあるのをよく見かけます。

 しかし一方で、3年以上交際しているカップルもいます。

 両者の違いはフェネチルアミンという恋愛ホルモンが両者にいかに分泌されているかで決まるという説があります。

 

恋にはある恋愛ホルモンが大きく関わっていた!

 私たちの脳の中には、約1兆個の神経物質が存在していると言われているのですが、

その中に「フェネチルアミン」という神経物質が存在しています。

これがいわゆる恋愛ホルモン、恋をしたとき多く分泌されるという仕組み。

ところがこのホルモン、長くても3年程度しか現存せず、放っておくと知らず知らずのうちになくなってしまうのだそう・・・

だから3年未満で別れるカップルが多いのですね。

 

フェネチルアミンを活性化させるには

三年経つと相手に対して冷めてしまうのは仕方ないことだから、ある程度は覚悟しておいた方がいいよね。と思う人もいらっしゃると思いますが、安心してください。

科学的に基づいて立証された方法があるので紹介していこうと思います。

方法は3つです。

もちろんこれらの方法を全て使ったからといって相手との関係がものスゴく良くなる保証はありません。恋にはフェネチルアミンの減少だけでなく、様々な要因があると考えられます。それを承知の上で試してみてくださいね!

 

1.恋愛映画を見る

恋を発展させるにはドキドキ、つまり刺激が重要です

今彼氏・彼女がいない、または好きな人がいないという人は

仮装恋愛を楽しむのも一つの手です!

七泊八日の100円DVDをレンタルして家でゆっくり観ることができ、たいへん安くて手軽にできます。

 

2.フェネチルアミンを多く含んだ食品を食べる

多くのみなさんは、「フェネチルアミン」ということばですら初めて聞いたという方がほとんどかと思いますが、実は私たちの身近にある食べ物に配合されています。

それはチョコレートとチーズです。

チョコレートはキスをしたとき以上の興奮作用がある(約2倍)と言われているほどで、これがフェニチルアミンを分泌してくれます。

またチーズは、チョコレートよりも約10倍の量が含まれているとのこと。

つまり彼氏または彼女とチーズを食べながら映画を見るのがもっとも分泌できる方法の1つだと言えます。

 

3.性行為を頻繁に行う

結婚して長年も仲のいいカップルというのは

フェネチルアミンが多く分泌されているそうです。

抱擁することでオキシトシンも分泌されるので、

ストレスにも負けない身体をつくりあげることができます

 やはり「恋」と「身体」の相関は高いようです。

 

 

 

以上がフェネチルアミンを分泌させる方法でした。

まとめ

  • 恋愛が3年で終わると言われているのは恋愛ホルモンフェネチルアミンが分泌しなくなるから。
  • フェネチルアミンを分泌させ続ければ長続きする。
  • 分泌させる方法は恋愛映画を見ること。チーズとチョコレートを食べること。性行為をすること。

 

 

 恋愛関係について書いた記事もありますので、よかったらこちらも見てくれると嬉しいです。

 

 

www.tanzen.xyz

www.tanzen.xyz