知識提供してみた!

読書で得た知識をみなさんに提供するブログです!ジャンルは脳科学、心理学から恋愛、運動多数。エビデンスを元に書いています。

【実験】フット・イン・ザ・ドア・テクニックとは ビジネスでの交渉率をあげる方法

フットインザドアテクニックをうまく使ったある研究です。 1966年にジョナサンフリードマンとスコットフレイザーが研究した実験で、カリフォルニアの住宅地を回り、一軒一軒 「安全運転をしよう(字が汚くて、かつ大きい)」と書かれた看板を庭に貼れないか…

学習性無力感にありがちなパターンと改善するための3つの方法

学習性無力感とは 学習性無力感とは、マーティンセリグマンが提唱した思考パターンの1つで、過去の失敗のせいで「私にはどうすることもできない。才能がない。」「もうこれ以上続けても意味がないから諦めよう」 といった無力感を感じ、挑戦を放棄する人の…

【心理学】ウェルテル効果とは?自殺を引き起こしてしまう人間心理の

ウェルテル効果で死亡事故件数が一気に増えた? テレビのニュースをみるとほぼ毎日のように誰かが「死亡事故を起こした」「自殺をした」というような悲しい報道を目にします。「訃報」の記事やニュースも各テレビ局が報道しているのが現状ですが、誰かが自殺…

【必見】怠け癖を治したい人におすすめな画期的な方法とは

なぜ怠けてしまうのか。 ほとんど全ての人が何かしら持っている怠け癖。 程度は人それぞれですが、一度は悩まされたこともあるはず。 自己嫌悪に陥ってしまい、作業がはかどらず益々不のスパイラルに陥ってしまう人も。いつの時代でも怠け心というものはどこ…

運動で脳にコルチゾールの使い方を覚えさせ、不安やストレスに強くなろう

ストレスが続くと海馬が萎縮する 海馬という脳の部位があります。ここは人間が生活していく上で大事な働き(記憶)を司る大切な場所です。ストレスが発生し、コルチゾールが分泌されるとそれに打ち勝とうと闘争・逃走反応が起き、身体に困難な状況を打破する…

斬新なアイディアを出すなら「運動」に力を貸してもらおう

「運動」をすることによって発想力が生まれやすくなることを伝える記事です。 スウェーデンの精神科医アンダース・ハンセンの著書「一流の頭脳」という本に書いてあった文章を引用します。 運動によって創造性を高めたいのであれば、ある程度健康体であるこ…

ゆるい運動と激しい運動、どちらが不安にとって効くか。という研究

運動をすると不安が解消されるというのは脳科学業界では当然となっています。 しかし運動といっても様々で、ゆるい運動もあれば激しい運動もあります。 では「不安」という観点から視て、どちらがより効果が期待できるの?という研究がありましたので、紹介…

読書のやる気がでないときに持ち直す3つの方法

自分がやる気がない時に読書をする方法を列挙します。 以下3つのいずれかを実施すると十中八九やる気レベルが通常レベルまで戻るので参考に。 1.真ん中から読む やる気がないときにおすすめなのはこれ。 よくみなさんが本屋で雑誌を立ち読みする時にするサ…

アイディアマンになれるレミニセンス効果を覚えておくと便利

アイディアって欲しいときに限って出てこないです。 これって「頭が悪い」とか「知能指数が低い」とか変なバイアスを持っている人いますけれど、実際はそんなことないんです。 アイディアっていうのは、本で得た知識とか経験、感情が掛け算、足し算をして出…

実はそれ自立神経失調症じゃなく単に糖質の摂りすぎなんじゃないか説

AGE牧田クリニックのドクターである牧田さんの本で面白いことが書いてあったのでメモ。 医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 作者: 牧田善二 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/09/22 メディア: 単行…

ピリオダイゼーションっていう運動用語を覚えておくと今後ラクかも

運動の仕組みを知っとくといいかもよって話です。 筋トレとかランニングとか水泳をしている時に身体の中はどうなっているのか気になっていました。この仕組みを理解すればモチベが多少あがるのかなあとか思っていたり。 んで、運動科学の分野では負荷と休息…

本で得た知識が使えるようになるのはどのくらいかかるのか?すぐに使える知識は注意が必要。

知識が自分の身体の一部になるのは3~6ヶ月後 佐藤優さんの『読書の技法』という本の中では以下のように書かれています。 本を読んでから、その情報が頭の中で整理されて、きちんと引き出せるようになるためには、一定の時間が必要になる。これには個人差があ…

【知っておいたら得する】実はプロテインは身体に害を与えていることが判明

プロテインの大量摂取は害である 筋トレで体を鍛えたい人たちやムチムチな身体を手に入れたい人達っていうのはよくプロテインを摂取していますが、最近の研究で体にあまり良くないもしくは害を与えるという結果が出ました。 タンパク質を大量摂取すると尿素…

【心理学】スポットライト効果とは?人は皆他人を気にしすぎであるという研究

スポットライト効果 これはある実験で明らかにされた事なんですけど、ある被験者がダサい T シャツを着ていたんですね。そこで周りの人がダサい奇抜な T シャツに気づくのかどうかと言う検証を行いました。それで実際にどうなったか。実際は2割の人しか奇抜…

朝に集中し夜はしっかるりサボる集中法をするとかなり捗るよー

色々な研究が出されてるんですけど結局朝っていうのは勉強のゴールデンタイムなんですね。そうなんですけど老人とか年代の人っていうのはまだ脳にとって朝が一番いいっていう研究が出されたのは2000年以降なので無知である可能性が高いです。 ではどうやって…

【危険!】菓子パンは動脈硬化を促進し、死亡リスクを高めることが判明

菓子パンってたまにすごく食べたくなりますよね。値段も安いしコンビニに必ずあるから手に取りたくなってしまうのですが、この菓子パン、実はかなり身体に有害であることが最近の研究で明らかになりました。 菓子パンは死亡リスクを高める 実は菓子パンには…

水を毎日飲むことが健康になる3つの理由と実際にやってみた感想を書く

水をたくさん飲むことが健康につながりパフォーマンスを高めるということがエビデンスで明らかになっています。実際に私たちの身体の60%は水分でできていて、脳は80%が水分と言われているので水分は私たちにとって切り離せないもの。今回は水分を摂取するこ…

座りすぎるとLPLが機能せず死亡リスクが高くなることが判明したので対策を紹介

長期的に座っている人は3年以内の死亡リスクが40%高い デスクワークの多い仕事が増えてきたことで座って仕事をする職業がかなり増えてきましたね。座る=ラクってイメージがあるからか立つ意味があまりないと思う人も多いかと思いますが、ずっと座っている…

【瞑想の科学】瞑想で脳はどんな反応をしているかを理解する

瞑想によって脳にどんな反応が起きるのか 瞑想は基本、呼吸に集中します。これだけです。しかし私たちはいつも注意が散漫になっているので難しいのです。まずはこの「散漫になってきたな」と気づくことが大事。そこからもう一度呼吸に意識を戻し、観察するこ…

【おすすめ】読書を習慣化して記憶に残すための4つの方法をご紹介!

読書離れが顕著な現代社会ですが、本屋はまだまだあるわけで読まないのはもったいない。最近のデータによると大学生の53%は月に一冊も本を読まないそうです。 今からでも読書の習慣を身につけたいという人に、本を読む習慣人生を楽しむ方法を4つ書いていこ…

【これで改善!】記憶力を鍛えるために今すぐするべき3つの行動!

脳の研究が進んだことにより、私たち人間の脳にとって何が良いのか、脳や身体にとって良いたべものは何か研究者達は明らかにしてきました。そしてその研究から得た結果から筆者が実際に実践してみて効果にあった方法を3つ挙げていこうと思います。 脳の記憶…

【脳科学】ランニングとジョギング、脳にとって良いのはどちらかという研究

ランニングやジョギングは脳や身体にとって良い効果をもたらすということが研究で明らかになっていますが、ではランニングとジョギングではどちらの方が有効なのかという研究があったので検証してみました。

【危険】アスパルテームという食品は身体にとって非常によろしくない理由

ダイエットコーラとかダイエットソーダとか巷のスーパーによく売られているアレ。 カロリーゼロだけで実は身体によろしくない働きをする成分が入っています。 カロリーゼロの飲料水にはアスパルテームという人工甘味料が含まれています。これ実はかなり危険…

不安とかうつは運動で緩和するという研究結果

日本の自殺者って毎年3万人と言われていますが、それは遺言書があった人の数で実際には18万人にも及ぶのだそう。 そこで、運動が不安やうつにかなり有効に働くという研究があったので誰かの行動するきっかけになればと思い書きました。 不安とかうつは気合い…

要注意!マルチタスクをすると脳が萎縮し生産性が40%低下するという研究

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術という本を読みました。心理学界で有名なアダムグランドやダニエルピンク、そしてケニーマクゴニガルが推薦していたので良い本に違いないと思い、購入しました。 長い時間集中することよりも一気に集中していきましょう!とい…

【オーディオブックがおすすめ】移動時間で読書量を増やし1日1冊読めてしまう方法

「読書」と聞くと堅苦しいイメージを持ってしまいます。なぜなら読書は「勉強」という認知が先行し、面白くないと思っている人が多いからです。もちろん読書には教養の部分があり、習得するには一定の忍耐が必要です。しかし!どうせやるなら楽しく取り組ん…

【社会的証明】要注意!人は無意識に平均的な意見に流されてしまう

皆がやっている=正しいことという認知 人は自分のことを無意識のうちに他人と比べ、自分の立ち位置を気にしています。人間の本来備わっている生存本能から、人と比べるということが何年も前から行われ、ここまで進化してきました。皆がしていることは正しい…

ハーバードでMBAを取得した猪俣武範さんから学んだ3つのこと

猪俣さんの本から学んだ3つの考え方 猪俣武範さんは医師でありながらハーバード大学でMBAを取得した逸材です。猪俣さんの著書を読んだところ、ムダな読書や勉強を省き、効率的に勉強したことが合格の要因だと述べていました。同時に自分が非効率な勉強をし…

自由時間を手に入れるためのコスパあげ3つの方法を伝授

日本人は真面目だけど効率が悪い 日本はOECD34加盟国中24、さらに先進7カ国中最下位。しかも22年連続。長時間労働をしているにも関わらず、このような残念な状態になっています。圧倒的にコスパが悪く国民全体がストレスに悩まされるといってもいいでしょう…

【正しい目標の立て方】目標を設定したら2倍かかると思った方がうまくいく

よく、落ち込む人がいる。日本人は落ち込む人が多いのと同時に、落ち込むことに慣れている。むしろ落ち込むことに一種の快楽すら覚えている。自分自身もよく落ち込む癖があって失敗する度に自己嫌悪に陥ってきた。ある日行動経済学者・ダニエルカーネマンの…